うつ病になった話

こんにちは!ほなみんです。

実はうつ病になり2年ほど休息していました。

 

今回はうつ病と診断されるまでの経緯や治療方法、これまでの過ごし方などについて書きたいと思います。

うつ病発症までの経緯

うつ病になったきっかけについて、明確な原因はわからないのですが、私の場合は急に発症したというよりは、数ヶ月かけて徐々にダメになっていきました。

今思えば前兆だったなと思うのが、SNSを開けなくなったときあたりかなと感じます。

毎日のように誰かに会う生活をしていましたが、それが少しずつ辛くなっていって、仕事もやりたくなくなり、何をするにも無気力になっていきました。

そんな状態のときに友人たちが活躍している姿を見ると「自分は何をしているんだろう…」という気分になって落ち込み、SNSを見るのが怖くなっていきました。

 

シェアハウス暮らしから札幌の実家へ戻りましたが、何もしないことに罪悪感を感じるけど、外に出るのも朝起きるものしんどくて、

何のために生きてるんだろう。生きるのしんどいな。死にたいな。

と思うようになって、自殺しようとして警察沙汰になったこともありました。

家族に心配をかけてまた自己嫌悪に陥って、誰に助けを求めていいかもわからず、もうどうすればいいかわからなくてどんどん悪い方向に進んでいきました。

一番怖いのは、その状態でも自分は正常だと思い込んでいたことです。

今思考えるとありえない状態なんですけどね…

メンタルクリニックを受診

そんな状態が半年くらい続きましたが、自分の力ではどうすることもできなかったので「今の状態から抜け出せる可能性があるなら…」という思いで、メンタルクリニックへ行ってみることにしました。

 

メンタルクリニックへ行くとテストのようなものを受けさせられて、その結果「うつ病」と診断されました。

実際に受けたテストのようなもの

何もしたくないけど罪悪感があるという話をしたときに、お医者さんから「環境が許すなら、何もしない時間を作るのが一番」と言ってもらえて、すごく心が楽になりました。

今となっては、先延ばしにせずにもっと早く病院へ行けば良かったなと思います

漢方と抗うつ剤での治療

治療方法については、自然に治す方法もあるけどお薬の力を使うほうが短期間で元気になる確率が高いのことで、まずは副作用の少ない漢方から飲み始めることになりました。

「1日3回飲み忘れなければ2週間程で効果が出る」と言われましたが、何度も飲み忘れてしまい2週間も続いたことはありませんでした。もちろん効果も実感できませんでした…

漢方は1日3回のハードルが高すぎるので、割と早い段階で抗うつ剤に切り替えました。

抗うつ剤

抗うつ剤は「セルトラリン錠」というもので、0.5錠からスタートして徐々に増やして1日3錠飲んでいました。

お薬のおかげもあって、お出かけや早起きが少しずつ苦でなくなっていきました。

抗うつ剤には副作用があるのは有名な話ですが、何か大きな変化があったかと言われるとよくわかりません。

ただ、私の場合はお酒が全然飲めなくなりました。(飲むと眠れなくなります。)

薬をやめる期間を設けてみましょう、ということで薬を経ったのが2021年1月になってからです。

2年間も何をしていたの?

久しぶりに会う友人たちに「何していたの?」と聞かれるのですが、何もしていませんでした。

強いていうなら、寝込んでいたり、お散歩したり、読書したり、お菓子作りをしたり、筋トレしたり、ヘアメイクの勉強をしたり、のんびり過ごしていました。

もともと文章を書くことが好きだったので、うつ病のブログを解説して記録を残してみたり。(全然更新できなかったけど)

あとは、ずっと横顔がコンプレックスだったこともあり歯列矯正をはじめました。

本当に何もしていなかったので、久しぶりに人に会うと答えに困るのですが、何もしないことが自分にとって大事なことでした。

家族旅行にて

お金はどうしていたの?と聞かれますが、無職だったため両親がサポートしてくれました。

医療費については、自立支援医療制度というものを使って医療費の一部を助成してもらえたので、3割負担だったのが1割になり経済的にも助かりました。

以前は毎日のように友人と会っていましたが、その機会も減りました。

人と会うのがしんどい時期もあったのですが、それ以上に「うつ病の人」として接されることに抵抗がありました。

そのため友人にも言いにくかったのですが、思い切って打ち明けてみると変わらずに接してくれて、それがとても嬉しかったです。

うつ病の期間中ずーっと支えてくれた大事な人がいて、元気になったのはその人のおかげと言っても過言ではないのだけど、その話はまた別の機会に。

回復した今だから思うこと

うつ病は心の風邪で、誰しもが発症する可能性があるものだとお医者さんが言っていました。

回復までにはだいたい1年半~2年間くらいはかかるとも言われて疑っていましたが、本当に回復しました。

うつ病期間中は「この状態が一生続くのではないか」「何もしたくないから病気ということにしたいのではないか。言い訳なのではないか」と思ったりもしましたが、今思えば本当に病んでいたことがわかります。

もしみんなが何もしたくなくなったり、いつもの自分じゃなくなったり、少しでも違和感を感じたら、何もしない時間を作ってあげて欲しいなと思います。

 

お休みしていた期間に周りの友人たちはどんどん自分たちの道を進んでいて、自分は気づけばアラサーになっているし、やりたいことも見つからないし、失った2年間の大きさに焦ったりもして、「どうしよう!!!」と思ったりもします。

しかし、人と比べることは不幸のはじまりということは嫌という程実感したので、自分のペースで生きます。

ちょっとだけやりたいこともできました。

ひとまず、今年の目標は「生きること」です。

久しぶりに長い文章を書いたので文章がぐちゃぐちゃです。笑

こちらもオススメですよ