海外ひとり旅を写真で振り返る(カナダ・オーストラリア編)

Sydney_01

旅の記録を振り返ってみることにしたよ。

特に印象に残っているエピソードを切り取っているよ。

 

Sapporo / Japan

Sapporo_01

17歳の頃、厳しい親から逃れるために海外へ行くことに決めた。

 

今までのひとり旅といえば実家から電車で1時間くらいの場所にある祖父母の家くらいだったから、不安と興奮でドキドキした。

 

コリアンエアー

はじめて一人で乗った飛行機はKorean Air (コリアンエアー)。

席は迷わず窓側を選んだ。今ではどこへ行くにも通路側を選ぶのにね。

 

飛行機は『札幌 – 韓国 – カナダ』だったので、はじめて海外でトランジットを経験した。

韓国の空港では、一人でビビンパを食べたり、免税店をウロウロしたり、聞きなれない言葉を耳にしては興奮した。

 

Vancouver / Canada

Vancouver_01

はじめての海外はカナダのバンクーバー。

学校に通っていたんだけど、いっぱいサボってた。勉強をする気なんてさらさらなかった。

 

はじめてのホームステイ。

夕食には、お湯が入ったカップラーメンにラップがかかっていたこともあって、カルチャーショックを感じた。今思うと、ホストファミリーはビジネス目的だったのだと思う。

 

学校をサボっては友だちとビーチに行ったり、ショッピングをしたり、カフェに行ったりした。

1番印象に残っているのは、大きな花火大会。4つの国が花火の美しさを競い合うのだ。みんなでレジャーシートに座って、恋話をした。生まれてはじめて自由を感じた。

 

Noosa / Australia

Noosa Heads_01

2カ国目はオーストラリアのクイーンズランド州にある『ヌーサ』という小さな町。

オーストラリア人のリゾート地と言われており、世界有数のサーフスポットでもあった。

 

学校では自分なりに頑張って英語を学んだり、映画を観ても全然意味が理解できなかったり、生まれてはじめてゴキブリを見てゾッとしたり、あとはヌーサに滞在した3ヶ月間で体重が10kg以上増えた。

ホストファミリーは学校の先生で、すごく良くしてくれた。パーティーを開催してくれたり、夜に美味しいアイスクリームを一緒に食べたり、おにぎりを振舞ったらすごく喜んでくれたこともあった。バリスタの仕事を見つけてくれたのも彼らだった。

 

ホストシスターのスイス人の女の子もめちゃくちゃいい子で、英語がわからない私の話を一生懸命聞いてくれて、私が家を出るときにはケーキを焼いてくれたこともあった。まさかこの4年後にスイスで再会することになるとは思わなかった。

 

Brisbane / Australia

Brisbane

ヌーサに飽きてしまった私は一人でブリスベンへ移動した。

 

初めてバックパッカーズホテルに泊まったのだが、その日に限って風邪をひいて寝込んだ。弱っているときに孤独になることは辛いな〜と当たり前のことを思ったりしていた。

 

あとは『ミヤワキ』っていうドレッドヘアの独特なインド人みたいな不思議なお兄さんに出会った。どこかへ行ったわけでもなく思い出は特にないのだけれど、存在が強烈すぎてミヤワキなしにブリスベンは語れない。

 

Gold Coast / Australia

Gold Coast_01

その後はゴールドコーストへ。

あまり記憶がないが、やたらとキラキラしたバーの行ったり、遊園地に行ったりした。

 

Byron Bay / Australia

Byron Bay_01

友人たち5人でヒッピーの町『バイロンベイ』へ行き、ドラッ○パーティーに参加した。

 

そのときに好奇心で一滴の液体をなめてみた。

すると肌に感覚がなくなった(雨が降っているのに冷たくなかった)。流れている映像や音楽が鮮明に感じられ、すごく恐ろしかった。一晩中部屋にこもるも、寝たくても寝ることができなくて、怖くて怖くて仕方がなかった。翌日も気持ち悪く、もう二度とやらまいと決意した。

学校で危険なものだと習ったけど、そのとおりだった。すごく勉強になったので経験できてよかった。

 

Perth / Australia

Perth_02

 

 

 

Sydney / Australia

Sydney_01

Sydney_02

 

こちらもオススメですよ