小説『 イノセント・デイズ 』を読んでみた

先日、人から勧められた作品イノセント・デイズ(新潮文庫)を読んだ。

あらすじはこんなかんじ。

 

田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人、刑務官ら彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がる世論の虚妄、そしてあまりにも哀しい真実。幼なじみの弁護士たちが再審を求めて奔走するが、彼女は……筆舌に尽くせぬ孤独を描き抜いた慟哭の長篇ミステリー。出典:Amazon(イノセント・デイズ)

 

それはもうめちゃくちゃに重たい話なんです。

読んでる間はずっと苦しい気持ちになっていました。

あまりにも残酷で、悲しくて、けどホッとした。複雑な感情になった。

久しぶりに小説を読んで涙してしまった。

 

読み終えてから3日くらい時間が経つのだけど、

自分が主人公だったら?もし主人公のような人に関わっていたら?運命を変えることはできなかったのか?

と考えてしまう。

 

心に残る作品でした。

きになる方はぜひ読んでみてね。

 

【 Kindle版はこちら 】


イノセント・デイズ(新潮文庫)

 

【 新品・中古本はこちら 】


イノセント・デイズ (新潮文庫)

こちらもオススメですよ