もう恥をかかない!一目置かれる焼き魚の食べ方【秋刀魚( さんま)編】

こんにちは、スーパー美女です。

 

先日ですね、友人と焼き魚を食べていたときに

「すごい!魚の食べ方が今まで会った人の中で一番綺麗!」

と大絶賛される機会があったよ!

 

そんなことがあり、もしかしたら誰かの役に立つかもしれない!ということで、今回は魚の綺麗な食べ方を紹介するね!

 

「私も魚を食べて褒められたい!」という方は、ぜひ最後までチェックしてみてね。

まずは動画にまとめてみました。

 

 

文章で読みたい方はここから紹介していきます。

それではどうぞ!!

 

魚の基本的な食べ方

まずは魚の基本的な食べ方について紹介していきます。

・頭を左にして、左から右に向かって食べる
・裏を食べるときはひっくり返さない
・醤油は魚に直接かけず、大根おろしにかける
・一口大に切った魚に大根おろしを乗せて食べる
・骨や内臓などは皿の端に小さくまとめる

焼き魚を食べるときは、これを意識しておきましょう!

今回は第一弾として、秋刀魚(さんま)の食べ方を紹介していきますね。

 

頭部と中骨に沿って箸を入れる

まずは頭と胴の境目らへんに、斜めに箸を入れていきます。

 

その次に、頭から尾にかけて、中骨に沿って箸を入れていきます。

尾の部分までしっかり箸を入れておくと身が開きやすくなりますよ!

 

上側の身から開いて左から右に向かって食べていく

上の身を開いて、左から右に一口サイズに切って口に運びます。

※このとき3cmくらいに切って口に運ぶと上品だよ!
※手皿はマナー違反なのでNG!手皿は「私はキレイに食べられません」と言っているようなものなので、取り皿とかを使うようにすると良いよ!

 

下の身も同様に左から右に食べていきます。

このとき左下にあるのが内臓なんだけど、秋刀魚は骨も内臓も皮も全部食べられるので、食べてしまってOKです!

苦手な方は全てまとめて左端または右端に小さくまとめておきましょう!

 

尾から頭に向かって・中骨をはずす

上の身を食べ終えたら、次は中骨をはずしていきます。

このとき、尾の部分を挟んで、尾から頭に向かって剥がすと骨がキレイに取れやすいよ。

手を使ってもOKなのだけど、箸で取った方が手が汚れないし見栄えも良いです!

中骨を外すことに成功したら、端に除けておきましょう。

 

同じ手順で下の身を食べる

上の身を食べたときと同じ手順で、下の身も食べていきます。

上半分から、左から右にかけて、一口ずつ。

 

そうするとキレイに最後まで食べることができるよ!

ちなみに、大根おろしやスダチをつけるタイミングは自由なのだけど、最後の方に多めに残しておくと口がサッパリするからオススメです!

※スダチなどの柑橘をかけるタイミングについては「箸を入れる前がいい」「身を開いたときがいい」など色んな意見がありますが、自由でOKだと思います!

絞るときは飛び散らないように空いている手を添えて、スダチの種などは骨などとまとめて右端にまとめておくと上品です!

 

食べ残しは一箇所にまとめる

身を食べ終えた後は、スダチ・大葉・骨などを一箇所にまとめます。

 

右端か左端かどちらがベストかについてですが、

私はこのとき左端に置いていたのだけど、世界一美しい食べ方のマナーという本によると、右端に置くという説明がありました!

どちらでも大丈夫だとは思うのですが、正しいテーブルマナーを聞かれると私が間違っている可能性が高いので、私は今後右端に置こうと思いました。(笑)

 

という感じで、こんな手順で食べると綺麗に食べることができます。

 

写真では尾の部分と頭の部分に若干身が残っているので、そこも綺麗に食べられれば完璧です。

また、骨は二つ折りにしてまとめると更に見栄えがよくなります。

 

細かいテーブルマナーについては間違っている部分もあるかもしれませんが、

このくらいできればデート・会食・大事な場で恥をかくことはないのではないかと思います!

魚をキレイに食べられるようになると、食べるのが楽しくなるので、ぜひみんなも試して見てね!

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか!最後にまとめると、

①頭部と中骨に沿って箸を入れる
②上側の身を上→下の順に左から右に向かって食べる
③尾から頭に向かって・中骨をはずす
④下の身を上→下の順に左から右に向かって食べる
⑤食べ残しは一箇所にまとめる

という順番だよ!

 

これに加えて、これも意識するとポイント爆上がりだよ!

・姿勢を正す
・箸を正しく持つ
・箸の置き場所に気をつける

これについてはまた改めて紹介するね!

それでは!以上!スーパー美女でした♡

 

↓テーブルマナーを勉強したい方はこちらの本がオススメだよ!

こちらもオススメですよ