どうしてテスト前に机を片付けたくなるの?

ブダペスト_ドナウ川

どうも、こんにちは!
ずぼら女子のほなみん(@honamin_____)です。

 

仕事から逃げるためにストレッチをする会社員時代

 

さて、皆さんはテスト前に机を片付けたくなったり、掃除したくなったりすることはありませんか…?

 

私はあります。

「やらなければいけない」ということがあると、何が何でも逃げたくなってしまいます。

 

集中力もないし続かない…何をしても続かない…

時間が許す限り先延ばしにして、十分な危機感を持ってようやく手をつける。

結果、めちゃくちゃ遅くなり、うまくいかない。

負のスパイラル。

 

これは性格なのかと諦めていたのですが、ついにその原因がわかりました。

 

その原因はズバリ「完璧主義で自己肯定感が低いから」だからなんです。

と、YouTubeでメンタリストDaigoさんが言っていました。

 

とても勉強になったので、この機会にまとめてみようと思います。

 

なぜそうなってしまうのか?

Honamin.net

テスト前に部屋を片付ける理由

テスト前に机や部屋を片付けたりしてしまうのは、失敗の余地を残すため。

 

もしテストで悪い点数を取ったら、「自分はダメな人なんだ」と思い込んでしまいますよね。

けど、部屋の掃除などをしていれば「あのとき片付けさえしていなければ、もっといい点数が取れたのに」と言い訳をすることができます。

なので、逃げ道を作るために、失敗する可能性を残すんですね。

現実逃避ということですね。

 

先延ばしにしてしまう理由

先延ばしにしてしまうのは、完璧主義が原因です。

 

逃げることは「自分に甘いから」と思われがちですが、実際は逆です。

そうではなく、「完璧にやらなければいけない」と思い込み、自分に厳しくなるから先延ばしにしてしまうんですね。

 

 

また、自分の弱みを受け入れることができない人も、先延ばしにしがちです。

目を背けると状況が改善しないので「自分はダメな人間だ…」となり、自己批判のストレスが脳を圧迫します。

その結果、やるべきことに手をつけられないという負の連鎖が起こるんですね。

 

現実逃避だし、自信もつかないし、この思考では成功することはありません。

 

解決法について

できない自分を許してあげる

「〜しなければいけない」のほとんどは思い込みなので、完璧じゃない30%の自分を許してあげましょう。

なぜなら、自分が許せない人や嫌いな人ほど、自分に厳しい傾向にあるからです。

 

できない自分から目を背けるのではなくて、受け入れて「どうすればよくなるのか?」を考えること。

 

人間はネガティブな部分を受け入れることで、強くなることができます。

先送りが少ない人は、自己肯定感が高く、自分を許すことができるひとなんです。

 

 

と言われても、簡単にそんな考え方ができたら苦労しないですよね。

 

具体的にどんなことができるのか?

ハルシュタット

ゲーム化すること

自分がやるべきタスク、問題をゲームだと考えることが効果的なんだそうです。

 

ゲームだと失敗しても死ぬわけではないので、何度でも挑戦することができますよね?

「失敗することが怖いから」現実逃避をしてしまうので、ゲームとして捉えることでリラックスして取り組むことができるんです。

 

ゲームだと考えることで、「自分を許す」という感覚を身につけることができます。

その結果、挑戦するハードルが低くなります。

 

続きはこちらのムービーから

ここからは有料になってしまったのですが、ニコニコ動画から見ることができます。

とてもタメになったので、ぜひ気になる方は見てみてくださいね。

 

動画を検索したら、このテーマについて書いているDaigoさんご本人のブログが出てきたっ…!!!

ブログもチェックして見てね

 

さあ、仕事をしよう!

ということで、以上Daigoさんの動画から学んだことでした。

 

仕事をするぞー!
同じことで悩んでいるそこのあなたも、一緒に頑張りましょうね。

自己肯定感をあげて、完璧主義を捨てて、負の連鎖から解放されましょう〜!人生楽しむ〜!!!!!

こちらもオススメですよ