「現金には価値がないので、牛に換えてしまう国がある!?」世界8か国のお金の価値観を紹介するよ【PR】

やっほー!
札幌が生んだスーパー美女、ほなみんだよ!

現在は東アフリカにあるルワンダに遊びに来ているよ(๑╹ω╹๑ )

ルワンダの美容室にて「アフリカっぽい髪型にしてほしい!」とオーダーしたら昭和のアイドルみたいになってしまった

ほなみん(@honamin_____)
札幌が生んだスーパー美女。職業はライターと遊び人。
活動スポンサーに航空券と滞在費を支援してもらい、現在は1ヶ月半アフリカ・ルワンダへ滞在中。

 

アフリカに来て1ヶ月。

文化の違いにビックリする毎日なのですが、なかでも1番驚いたのは、こんな噂を耳にした瞬間でした。

「ケニアでは現金に価値がないから、牛に換えてしまう人が多いみたいだよ」

 

ほなみん
牛の方が価値があるって本当に〜〜〜?他の国はどうなんだろう?

この話を聞いて、3年ぶりくらいに私の中の知的好奇心が目覚めました。

 

ということで、

今回は世界各国のお金の価値観について、世界各国に住む友人たちに話を聞いてみることにしたよ!

 

ケニアでは現金に価値がないって本当なのかな…??

※注意※
かなり長くなってしまったので、目次で気になるところを読んでみるといいかも!

こちらの記事はGMOあおぞらネット銀行様の提供でお送りします。

 

【東アフリカ】ケニアではモバイル送金サービスが主流

赤玉ねぎ事業を営んでる旦那さんとそれに伴い移住した嫁さん

ケニアで起業おじさんの嫁(@KawanoYOME)さん
ケニア・ナイロビ在住

就活失敗から人生の歯車が狂い始め、新卒で入った会社を1年で退職し、ニート、フリーター、社会人学生と右往左往の20代前半を送る。その後は憧れの丸の内OLになる。会社で出会ったケニアで起業おじさん()と結婚し、2018年に夫婦でケニアへ移住。

いまではアフリカにハマり、その魅力や移住生活での気づきをSNSで発信中。 現在はキャリア相談サービスアドバイザーやAirbnb運営などを行っている。

ブログ:RAHA KENYA〜私のケニアの歩き方〜
総合リンク:https://linktr.ee/tamanegi.fu_fu

 

ほなみん
さっそく聞きたいことがあるのですが、

「ケニアでは現金よりも牛のほうが価値がある」という話は本当なのでしょうか?

私もその噂は聞いたことがありますが、地域によるみたいです。

ケニア人の知人が、「はははー!それはマサイだけかな!俺はお金のほうがほしいぞ!」と言っていたので!(笑)

マサイ村での「歓迎の儀式」
ほなみん
それは…ちょっと残念です…(失礼)

では、ケニアでは現金に価値があるんですね…!

私が住んでいるナイロビ(ケニアの首都)ではお金に価値ありですね!

ケニアではM-PESA」(日本でいうLINE Pay)というモバイル送金サービスが主流です!

現金を持ち歩くことが危険なのもあり、みんなM-PESAにお金を入れています。

 

【M-PESA入金所】お金を払って携帯にチャージするところ

※参考:ケニアで成人の74%がモバイル送金を利用

ほなみん
えぇっ!それは予想外!!

どのくらい普及しているんですか?

ケニアに住んで8ヶ月程度ですが、M-PESAを取り扱ってないお店は見たことないですね。

スーパーやレストランではもちろんのこと、電気代や水道代の支払いにもM-PESAを使うことができます。

ほなみん
そんなに浸透してるんですね!発展途上国とは思えない…!

他にも、日本とは違う部分はありますか?

日本では貯金や保険など「先のことを考える」風潮があるけど、ケニアでは「今あるお金でどう楽しむか」という考え方をしています。そこが日本とは違うなと感じました。
ジャンプをして遊ぶ子供たちinケニア
私も今まで貯金をコツコツためてたけど、最近は「なくなったらどうにかするんだ!」と思うようになってます。(笑)

 

ケニアのお金の価値観!
・牛よりも現金に価値がある
・モバイル送金サービスが主流
・今あるお金でどう楽しむかを考える

 

 

【中東】イスラエルでは「相手の時間」をリスペクトする

イスラエルの死海にて

赤野健悟さん(@redinisrael)
イスラエル・テルアビブ在住

1996年大阪生まれ。大阪大学歯学部へ進学するも、医師になるのは自分の道でないと感じ、米大学編入とイスラエルのスタートアップでのインターンを経て、イスラエルのテルアビブ大学で1人目の日本人として電子電気工学を専攻中。

現在は株式会社JIW Syncを起業し、メディアでの情報発信、日系企業に向けてコンサルティングなどを行う。

Webサイト「Israel Medtech Post

 

ほなみん
さっそくですが、イスラエル人のお金の使い方について教えてください!
赤野
イスラエル人は、経験や時間にお金を投資する傾向が強いです。

なかでも、海外旅行にお金を使う人がかなり多いですね。イスラエルは国土が四国と同じ位の小ささなので、国内旅行では限界があるみたいです。

それに加えて、地理的に敵国に囲まれているということもあり、全体的に閉塞感を感じてしまうようです。

イスラエルのエルサレム
ほなみん
そうなんだ〜!

じゃあ、お洋服とか車とかにお金を使う人は少ないんですか?

赤野
贅沢したり、物に執着する人はあまりいない印象です。

ファストファッションの服を着る人が多く、スーツや高級な靴や時計を身につけてる人なんて滅多に見ないですね。大都市には必ずと言っていいほど存在するブランド街もありません。

それと、イスラエルはかなり物価が高いので、家でも何でもシェアするのがあたりまえです。もう着ない服は歩道のベンチに置いて、それを誰かが持って帰ったりもします。

 

実際の写真を提供してもらいました
ほなみん
置き方、雑すぎない?(笑)
赤野
ですよね(笑)

ぼくも最初は「ちゃんと捨てろよ」と思っていたのですが、お金に困ってなさそうなマダムが持って帰ってるのを目撃して、「そういうことか!」と妙に納得しました。

ほなみん
服までシェアしちゃうのはおもしろいですね!

他にも、「日本と違うな」って思ったことはありますか?

赤野
イスラエル人は立場問わず相手の時間をリスペクトしていて、それが金銭感覚にも反映されています。

たとえば、授業でわからないことがあったときに、友達とかに時間をとってもらって質問しますよね。

日本だと「ありがとう!」と言って終わりだと思うのですが、 イスラエルではそれに加えて、そのときに相手が取ってくれた時間分のお金を対価として支払います。これは相手が友達であろうと関係ないです。

赤野くんと大学の友人たち
ほなみん
すごい。それは我々日本人も見習いたいところ。
赤野
ただ、友人は毎回遅刻してくるので、そこは「なんでだよ!」と思っています(笑)

 

イスラエル人のお金の価値観!
・物よりも、経験や時間にお金を投資する
・「シェア」する意識が強く、家や服までシェアをする
・立場問わず相手の時間をリスペクト

 

 

【南米】ペルー人はディズニーランドへ行くためにローンを組む

japotina(ハポティーナ)さん(@UnaJapotina )
ペルー・リマ在住

2015年スタンフォード大学 国際教育政策学 修士号取得。アメリカ留学中に知り合ったペルー人のフィアンセと一緒になるため、2017年にペルーへ移住。ペルーでは教育分野のコンサルタントなどを行っている。

今の目標は、ペルー人フィアンセの家族を日本に招待すること。

Webサイト「わたし、ペルーで踊ってます。

 

ほなみん
さっそくですが、ペルー人のお金の価値観について教えてください!
ハポティーナ
平均月収がUS$500のペルーでは、貯蓄は難しく、ペルー人の多くは自転車操業です。

あとは、借金に対する抵抗は少なく、2~3年のローンはわりとみんなしています。クレジットカードを使っている人はまだまだ少数派です。

※自転車操業とは、操業を止めてしまえば倒産してしまう会社が、赤字を承知のうえで操業を続けてゆく状態のことだよ!自転車はペダルを踏み続けなければ倒れてしまうという意味で使われる言葉だよ。

ほなみん
「借金に対する抵抗がない」というのは日本人の感覚とは全然違いますね。

たとえば、どんなことに借金をするのでしょうか?

ハポティーナ
たとえば、ペルー人はアメリカのディズニーワールドへ行くために3年間のローンを組みます。

南米にはディズニーランドがないので、南米から一番近いフロリダのディズニーワールドへ行くことがペルー人(老若男女)の夢なんです。これは大げさではなく、本当の話です。

ハポティーナさんの彼氏の家族が3年間借金して、初めてアメリカのディズニーランドへ行ったときの写真
ほなみん
ペルー人にとって、ディズニーランドは本当に「夢の国」なんですね。

他にはどんなことにお金を使っているんですか?

ハポティーナ
ペルー人は普段はものすごく節約家ですが、パーティーにはドカーンとお金を使います!
実際のパーティーの様子
ほなみん
おー!さすがはラテンカルチャーですね。
ハポティーナ
ペルーのパーティーはきらやかで華やかですね。

節目節目で周りの大事な人たちのためにお金を使うペルー人はとても寛大で、素敵だなと思っています。

 

ペルー人のお金の価値観!
・借金に対する抵抗は少ない
・ディズニーランドへ行くためにローンを組む
・普段は節約家だが、パーティーには一気にお金を使う

 

 

【西アフリカ】ベナン人は貯金をする習慣がない

内藤獅友(@Naikel0311)さん
西アフリカ・ベナン在住 / アフリカ歴6年目

「アフリカと日本を繋ぐ」「Africa by Africans(アフリカ人によるアフリカ発展)」をモットーに、ベナン人と一緒に会社とNPOを運営。事業内容は中古タイヤ貿易、アフリカホームステイ事業、ドローン事業などを展開。

Twitterやブログでの発信活動、アフリカ漫画としても活動中。愛称は「ナイケル」。

note 「アフリカ漫画
ブログ「ナイケルジャクソン冒険記

 

ほなみん
さっそくですが、ベナン人のお金の価値観について教えてください!
ナイケル
ベナン人は貯金をする文化はなくて、すぐに使ってしまう人が多いです。

都市では家や車にお金をつぎ込む人が多いので、ベナン中心部には作りかけの家とかが結構あります(笑)

田舎ではヤギや農機具に対してお金を使う人が多いですね。

ほなみん
それはおもしろい!日本だと考えられないね!笑

ちなみに、ヤギを飼ってどうするんですか?

ナイケル
全員がどうしているのかはわからないけど、お金に困ったら結局そのヤギをまた売ってお金に変えるみたい(笑)
ベナンのヤギ
ほなみん
なるほど。現金を保管するよりは安全だもんね!(麻痺してきた)

他にビックリしたエピソードはありますか?

ナイケル
トンティンという制度を知ったときは驚きましたね。

トンティンとは、10人くらいでグループを作って、毎月決まったお金をリーダーが回収して、回収したお金を毎月1人に分配する制度。

※参考:マイクロファイナンスを超える?ベナンのTontine(トンティン)という金融システムが面白い

ほなみん
友達にお金を預けるってことだよね?何の目的でそんなことをしているの…?
ナイケル
目的は、「定期的にまとまったお金をもらうため」ですね。ベナン人は貯金する文化がないので。

なので、自分の番がまわってきたときに、車などの大きい買い物をしたり、新しいビジネスをはじめたりしているみたい。

ベナンのお金withナイケルさん
ほなみん
なるほど!

けどやっぱり危険だよね?お金を持って逃げられたりすることはないの?

ナイケル
それが、意外とワークしているみたいなんですよね。

逃げてしまった場合は、二度とその村に帰れないくらい悪い噂が口コミで広がってしまったり。トンティンは、個人の信用が大切な仕組みになっているみたいです。

ほなみん
なるほど〜!日本でも「信用」って言葉はよく聞くけど、ベナンでも一緒なんだね☆

 

ベナンのお金の価値観!
・ベナンでは自分で貯金する習慣がない
・中心部では家にお金を使う人が多く、作りかけの家が多い
・田舎ではヤギなどの家畜や農機具に使うのが一般的
・友達や知人にお金を預ける「トンティン」という文化がある

 

 

【北アメリカ】アメリカでは資産運用を行うのが一般的

小野寺 聡さん(@satoshi_gfa18)
元アメリカ・ロサンゼルス在住

大学卒業後、株式会社NTTデータにて、エンジニア・コンサルタントとして、システムの開発・企画に従事。アメリカ・ロサンゼルスに赴任し、IT責任者として1年半アメリカ現地企業を統括。

インドにてM&A案件従事後、株式会社メルカリに転職し、BizDevとして新規事業開発に従事し、独立。

ハフポスト公式ブロガー、NewsPicks認定ピッカー。

Webサイト「Just Simple

 

ほなみん
さっそくですが、アメリカ人のお金の使い方について教えてください!
さとし
お金関連でいうと、アメリカの大都市は生活コストが非常に高く、日々発生する生活のお金が尋常じゃないですね。

たとえば、西海岸サンフランシスコでは、年収が100,000ドル(約1,100万円)あっても家族での生活は最低レベルしかできないと言われています。これは有名ですが、本当の話です。

※「アメリカは人口3億人で国土も広く、超セレブからホームレスの方まで格差が非常に大きいので、一括りにはできない」ってサトシさんが言ってたよ!

アメリカの街並み 
ほなみん
ヒィ!それは鬼ですね…。

では、アメリカはその分お給料も高いのでしょうか?

さとし
それは会社によるけど、たとえばGoogleなど大手企業に入社すると、初任給で100,000ドル(1,100万円)を超えることも珍しくないですね。
ほなみん
すご〜い!さすがは世界のGoogle!!

他に、お金関連で「日本と違うな」と思ったことはありますか?

さとし
アメリカ人は資産運用を行うのが一般的なので、日本人のように「銀行に預けて終わり」という人はあまり多くないと思います。

これは聞いた話なのですが、アメリカ人は高校の頃に学校で資産運用について学んでいるみたいです。もちろん、学校やエリアによっては違うかもしれないですが。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校

※高校までは「住んでるエリアによって、子どもが通う学校は決まる」ので、教育のために良いエリアに住もうとする人が多いんだって!けど、良い学校があるエリアは地価が高いみたい。

ほなみん
高校生の頃から資産運用について学んでいるなんて…

アメリカ人は、具体的にはどんな資産運用をしているのですか?

さとし
株式や外貨、債権、最近だと仮想通貨を運用している人などがいます。あとは、不動産を購入して運用することも多いですね。

アメリカではアーリーリタイヤの考え方が一般的なので、「仕事を辞めて家族で悠々自適に暮らすこと」を目的に資産運用する人も多いです

※アーリーリタイヤとは「早期退職」という意味だよ!

 

アメリカのお金の価値観!
・とにかく生活コストがかかる
・アメリカ人は「資産運用」が一般的
・資産運用については高校の授業で学ぶところもある

 

 

こちらの記事は、GMOあおぞらネット銀行様の提供でお送りします。

 

 

【南アジア】インドでは給料の額をシェアしている

ドネーションのイベントに参加しているときの写真

カヨリーナさん(@kayoreena1021 )
元インド グルガオン在住

北海道大学 医学部卒業。学生の頃から発展途上国の社会貢献活動に興味を持つ。東京で保健師として勤務し、民間企業を経験したのち、2016年よりインド現地就職。

帰国後、2018年10月よりインドを含む外国籍エンジニアのオンボーディングに関わる。趣味はメルカリで物を売ること。

note:https://note.mu/kayosuke618
Webサイト「INDIA BLOG

 

ほなみん
カヨリーナちゃん!突然だけど、インド人のお金の価値観について教えてください!
カヨリーナ
インドでは、結婚式にお金をかける人が多いです!

両家族にとって結婚式はとても重要な儀式なので、年収の数倍の資金をかけるとも言われています。

【インドの結婚式】花嫁をエスコートする新郎
カヨリーナ
また、インド人は「その瞬間の幸せ」を重要視している傾向があります。

なので、同世代の友人たちは貯蓄をせずにガンガンお金を使っていますね。全体的に、将来的な経済の不安を感じていないのではないかと思っています。

ほなみん
日本もお金をかける人が多いけど、年収の数倍の資金をかけるってすごいねぇ。

他には、どんなものに対してお金を使っているの?

カヨリーナ
ブランド物や車など、お金の価値がわかりやすく変換できるものを好んでいる気がする!

日本の若い人は「体験にお金を払う」ことを良しとする傾向が強まっているけど、インドはまだ「物を所有する」ことに幸せを感じている人が多い印象。

※富裕層は旅行などの経験にお金を使っている人も多いから、一概には言えないとのこと!

ほなみん
なるほど〜!じゃあ、インドもこれから変わっていくのかもしれないね。

他にも「日本と違うな」と感じたことはある?

カヨリーナ
これは有名な話だけど、インド人同士は給料の額をシェアしていること。

インド人の友人に「Kayoって給与いくらなの」って聞かれたことがあって、そのときに実は私のほうが3倍くらいもらっていることを知りました。

カヨリーナちゃんの誕生日を祝うオフィスのメンバー

※日本人の現地採用の給与は現地給与相場より高いので、こういうことが起こったらしい!

ほなみん
私、日本で給料を聞いたら怒られたことがあるけど、インドでは失礼だと思われないの?
カヨリーナ
失礼どころか、インドでは給料の話は自分の市場価値を正しく診断して、雇い主に交渉しに行くために重要な情報だよ!

「なんであいつより私のほうが低いんだ、給料あげろ!」みたいな(笑)

ほなみん
インド人強い!(笑)

けど、日本人もそのくらい強気でいてもいいかもね。

 

インド人のお金の価値観!
・結婚式には年収の何倍もの資金をかける
・ブランド物や車などの物にお金を使う
・自分の市場価値を正しく診断するために、他人の給料を把握する

 

 

【中南米】ジャマイカではお金に対して大雑把な人が多い

フルータさんが作成したオリジナル算数アプリを子どものタブレットにインストールしたときの写真

フルータさん(@Furuta_Jamaica)
中南米・ジャマイカ在住

青年海外協力隊としてジャマイカへ赴任し、現地で貧困層の子供たちが十分な教育を受けられない現実を知る。

協力隊終了後は、ジャマイカの教育省に就職しながら「貧困層の子どもたちに逆転するチャンスを」という理念のもとに算数・プログラミングの塾を起業。現在の目標は、国の教育のカリキュラムや仕組みを変えるために、ジャマイカでNo.1の学習塾を作ること。

Webサイト「ジャマ育.com

 

ほなみん
さっそくですが、ジャマイカ人のお金の価値観について教えてください!
フルータ
ジャマイカ人はお金について大雑把で、将来へのお金のプランを立てていない人が多い印象です。貯金も全然していないですね。

かなりしっかりした教育省の同僚が、毎月自分がいくらもらっているか・貯金がいくらあるかを把握していなかったときは驚きました。

ほなみん
給料を把握していないのはビックリですね…!

ジャマイカ人はどんなことを大事にしているのでしょうか?

フルータ
家族との時間を取ることは、彼らにとって大事なんじゃないかなと思います。仕事は残業をせずに仕事とプライベートの時間をはっきり分けています。

あとは、のんびりフリーな生活を送ることに幸せを感じる人も多いので、簡単に仕事をやめる人が多いですね。

ジャマイカの街並み
ほなみん
「将来へのプランを考えていない」「仕事を簡単に辞める人が多い」とのことですが、

それでも老後は生きていけるんでしょうか?

フルータ
老後は一応年金があるので大丈夫みたいです。質は低いですが、病院も無料です。

それがなくても、みんなご飯や小銭を渡して助け合ってますし、ジャマイカでは道にフルーツなんかも生えてるので、死ぬことはないと思います(笑)

あとは、海外からの仕送りで生活している人が多いですね。

マンゴーの木@フルータさんの家の庭

※ジャマイカはキリスト教の国なので「豊かな人が貧しい人を助けるべき」という考えがあり、他人に対してお金を渡すことに抵抗が少ないんだって!

ほなみん
海外からの仕送りが「多い」というのは、家族が国外に住んでいるということが多いのでしょうか?
フルータ
ですね。ジャマイカは、国民の半数が国外にいるという珍しい国なので、海外で働いている家族が送ってくれるみたいです。

カナダやアメリカから近いこともあって、賃金が低い(最低賃金が時給140円程度)ということを見越して、ジャマイカ人は大学ぐらいから海外に出ていく人が多いんですよね。

 

ジャマイカ人のお金の価値観!
・お金に関してはかなり大雑把
・家族と過ごしたり、のんびりする時間を大事にしている
・国民の半数が国外にいるので、海外からの仕送りで生活している人も多い

 

 

【東アジア】中国ではキャッシュレス経済が進展!現金を拒否されることも

クリスマスシーズン限定のティファニー店のモニュメントin上海

こうみくさん(@koumikudayo)
中国・上海在住

1989年中国・西安市生まれ。6歳で来日。早稲田大学先進理工学部卒業後、2012年に総合商社に入社。伝統的な日系企業で国際貿易及び投資管理に6年半従事したのち、2018年秋より上海交通大学MBAに留学中。 

中国トレンドマーケッター / Newspicksプロピッカー/ 夢は本の出版をすること。

note:https://note.mu/future392
Webサイト:「未来日記

 

ほなみん
ミクちゃん、突然だけど、中国のお金の価値観を教えてほしい!
こうみく
中国人はみんな「お金がほしい!」と思っているし、お金に対して汚いイメージはないかな。

お金持ちは純粋に格好いいという印象をもたれるし、私自身もお金を稼ぐことは大好き!

ほなみん
そうなんだ〜!日本だとなんとなく「お金=汚い」みたいなイメージがあるから、正直でいいね!

他にも、「ここが日本と違う」っていう文化はある?

こうみく
「紅包(Hong Bao)」といって、スマホアプリを使って友人知人間で投げ銭しあうことかな!

お正月のお年玉だったり、イベントだったり、色んな用途で使われているよ。

「大师红包」というアプリ(出典:https://www.iqshw.com/qita/111540.html)

※红包というのは、日本でいうならお年玉みたいなもの。お祝いに際して相手に渡すお小遣いのような意味で使われる言葉だよ。 

こうみく
それと、中国はキャッシュレス経済が浸透していて、むしろ現金での支払いを拒否するお店が増えています。現金で払えたとしても、お釣りをもらえないなんてこともあるくらい。

上海では、ほとんどの場所でスマートフォンで支払いが可能で、レストランはもちろん、どんなに小さい屋台でもQRコード決済に対応しているよ。

屋台でのQR決済の様子
ほなみん
えー!デジタル化が進んでいるとは聞いていたけど、屋台でも使えるとは!!

中国すごいね、最先端だね!

 

中国人(上海)のお金の価値観!
・中国では「お金持ち=格好いい!」という印象
・お金に対して汚いイメージは持っていない
・上海ではキャッシュレス経済が浸透している
・小さい屋台でもQRカード決済が使える

 

 

話を聞いて思ったこと

 

「ケニアでは現金には価値がないから牛に換える」っていうのは嘘だったけど、どこの国もお金の価値観が全然違っていておもしろいね♪

今回は友人たちに話を聞いてみて、「世界は広いんだな〜!」と思ったよ!

 

以上!
またひとつ賢くなった、ほなみんでした☆

 

こちらの記事はGMOあおぞらネット銀行様の提供でお送りしました。ありがとうございました。

 

GMOあおぞらネット銀行×伸びサロコラボ記事まとめ

こちらでは人気ブロガー・ライターたちが「外貨預金」をテーマに書いたPR記事をチェックできるよ!個性豊かでおもしろいので、要チェック!!

こちらもオススメですよ