About me

Honamin_01
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ほなみんのプロフィール

愛称:ほなみん(24)
誕生:1993年2月23日
出身:北海道札幌市
在住:住所不定

趣味:格安航空券探し、旅行、お絵描き
職歴:カフェ店員(バリスタ)→ITベンチャー企業(広報)

ほなみんの人生について

北海道室蘭市で生まれる

ほなみん幼少期
祖父におぶられる4歳のほなみん

1993年2月23日に北海道室蘭市で生まれ、札幌市で育ちました。
家族構成は、父・母・妹の四人家族です。


厳しい両親に育てられる

私ほなみんは割と厳しい家庭で育ちました。

父は国家公務員・母は看護師。
両親共にお堅い職業に就いておりまして、おまけに絵に描いたような常識人。

高校生のときは門限が19時でして、門限を破ると携帯電話を解約されたり、警察に捜索願を出されたこともありました。ひぃ〜!

グレる学生時代

思春期になり、私はグレはじめます。

中学生のときには家出をしてみたり、高校生のときには無断外泊してみたりと必死にもがいていました。


※ちなみに、家出は交番前であっさり補導されて失敗に終わりました。

放浪癖が覚醒する

当時は「このままで華のJK生活を終わらせてはいけない」と謎の使命感を持っていたので、どうすれば自由になれるのか?を必死に考えていました。

その結果、

遊びたい

両親の元では何もできない

物理的に離れる必要がある

いっそのこと海外に行ってしまおう

という思考に落ち着いたため、「英語の勉強をしたいの!」なんて適当な理由を並べて頼んでみたところ、あっさりOKをもらい拍子抜けしたことをおぼえています。

今思えば良心が痛みますが、当時は罪悪感などなく「ラッキー!」くらいの軽い気持ちでいました。

( 厳しいながら、娘のやりたいことや学びたいことには寛容な両親でした。 )


はじめての海外留学

コリアンエアー
はじめて一人で飛行機に乗った時の景色

17歳の夏、私はカナダ・バンクーバーへ留学することになりました。

言葉も通じない・文化も違う・ケータイも使えない。
そんな状況のなか、はじめて一人で飛行機に乗って異国の地に旅立ちました。

そのときの高揚感は今でも忘れられないし、生まれてはじめて「生きててよかった」と思いました。

もちろん勉強する気持ちなどさらさらなかったので、現地では未成年ながら毎日遊び呆けていました。

この経験を境に、私の放浪癖が覚醒することになります。

高校卒業後は海外を放浪する

海外放浪
マドリッドにてAuPairを経験

高校卒業後は大学には進学しませんでした。

学校が好きなわけでもなく、特にこれといって学びたいこともなく、集団生活も勉強も苦手。
当時の私にとって、大学に行く理由が見当たりませんでした。

2年半ほど海外を放浪したり、某カフェでアルバイトをしながら過ごしていました。

少しだけ将来を考えはじめる

同級生たちが大学を卒業して就職していく頃、私は某カフェでアルバイトをしていました。

毎日が楽しくて それなりに充実していたのですが、自分はこれからどうなってしまうのだろうか?と焦りはじめます。


Web関係者との出会い

イーゼル
カフェで書いていたイーゼル

当時、某カフェでイーゼルを描いていました。(↑実際の絵です)

ある日、私が描いた絵を見たお客さんが「一緒に仕事をしてみない?」と声をかけてくれたんです。

話を聞いていくうちに、Webの世界に興味を持ちはじめました。

ITベンチャー企業で就職する

札幌でIT企業を探していたところ、ある会社のWebサイトに一目惚れしました。

「絶対にここで働きたい!」と思うも…学歴もスキルもない私が書類選考で落とされることは明白でした。

そこで私は人事担当者らしき人のFacebookメッセンジャーへ、ダメ元で松岡修造並みに熱いメッセージを送りつけました。

その結果、二週間のインターンを経験させてもらい、正社員として就職することになりました。寛容すぎです。

Webの基礎知識を習得する

ITベンチャー企業に就職
ITベンチャー企業に就職

IT企業に就職してみたものの「PDFって何ですか?」という状態からのスタートでした。

PDFからサーバーまで一から教えて教えてもらった結果、一年半でブログのライティングや写真の加工スキル、SEOなど、このWebサイトを作れるほどの基礎知識が身に付きました。

一から育ててくれた上司、会社には感謝しかありません。

退職する

会社ではやりたいことをやらせてもらって、マイナスになるほど有給休暇を使わせてもらって、19ヶ月間で残業は2回ほど。毎日定時で帰っていました。
正直、ものすごく良い環境に恵まれていたと思います。

ただ、働いていくうちに自分の中で「社会人とはこうあらなければいけない」という虚像が完成してしまい、それに近づこうとするにつれて「自由に生きたい自分」とのギャップが生じていきました。

その結果、精神的に苦しくなり退職に至りました。

海外に行っても何も変わらない

honamin

退職後、特にやりたいことはなかった私は「環境を変えれば何かが変わるはず!」という根拠のない思いで、二ヶ月間ほどヨーロッパへ渡航しました。

しかし現地ではただただ引きこもっていたため、もちろん何も変わることはありませんでした。

何かが変わるどころか、「これをやったら、あの人にこう思われるかも…」「会社を辞めたばかりだし…」なんて周りの目を気にしたり、自分に言い訳を続けるうちに何もできなくなっていきました

そして、そんなことをうじうじ考えているうちに、あっという間に二ヶ月が経過。
何もできないまま帰国することになります。

止まらない自己嫌悪

日本に帰って来ても、しばらくその状況が続きます。

頑張っている人やキラキラしている人を見ては「ケッ」なんて心の中で毒づき、他人と比較しては嫉妬するようになり、永遠にドロドロした感情が巡っている感じでした。

どんどん心に余裕がなくなり、自信を喪失し、自分が嫌いになっていきました。

転機は自分の想像からやってきた

2017年11月の半ばの話です。
東京の満員電車に揺られながら、将来の自分を想像したことがありました。

このまま中年のオバサンになって、文句やグチばかり言いながら適当に生きて、後悔しながら生涯を終えるという一択の未来が見えてしまいました。

そして目が覚めました。そんな自分も人生も、絶対にイヤだ。

さらに、「何かに挑戦した結果、人から非難されること」と「このまま一生何もせずに後悔して死ぬこと」どちらが怖いか?を考えたときに、圧倒的に後者の方が恐ろしいではないか…ということに気づきました。

そして、ようやく自分の人生に向き合う覚悟ができました。
これからの人生は、「人からどう思われるか」ではなく「自分がどうしたいか?」を考えて生きようと心に誓いました。

自分らしく生きていく

ほなみん

私の今の目標はフリーランスとして生計を立てることです。
時間にも場所にも縛られない、自分が心から楽しい・好きだと思えることを仕事にしたいです。

具体的な目標としては、25歳になるまでに(残された時間3ヶ月)、月に15万円稼げるようになることです。

私みたいな何の取り柄もない凡人が成功すれば、「この人にできるなら、私にもできるはず頑張ろう」なんて思ってくれる人が現れるのかな?なんて考えたらワクワクしますね。
そんな影響を与えられる人間になれるように頑張ります。

お仕事ください

honamin

現在、無職の無収入…仕事がありません……….

全力でやらせていただきますので、どうか皆さま、私にお仕事を恵んでくださいませ。

お仕事依頼、お問い合わせフォームからお待ちしております!!!

ほなみんにできること

私にできることを書き出していきます。(随時更新中)

イラストレーター

girlillustration_03

人物画や映画のワンシーンなどが得意です。

イラストポートフォリオはこちらから

モデル

honamin.net
photo by piczo

アーティストさんの作品作りなど、喜んで協力させていただきます。
こちらは基本的に無料でOKです。

被写体ポートフォリオはこちらから

ほなみんのスペック

身長 :166cm
体重 :53kg
顔面 :昭和顔
体型 :短足骨太・中肉中背

衣類 :9号
ボトム:24インチ
足  :24.5cm

フォトグラファー

ロンドン

当ブログで使用している大半の写真撮影・加工は、自分自身で行なっております。

写真ポートフォリオはこちらから

ラテアート

ラテアート

某カフェで働いていた経験があり、ラテアートやコーヒーを淹れるのは得意です。

英語が話せる

ミラノ

日常会話程度の英語ができます。

お酒飲めます

ビールと美女

お酒飲めます!
自分で言うのもなんですが、美味しい食べ物・美味しいお酒に囲まれているときの笑顔に定評があります。

フットワークが軽い

毎日暇なので、国内・国外問わずすぐにどこでも飛んでいくことができます!
最近、ホームレス古谷さんに影響され自分の1日を販売しようかと考えています。

ほなみんの人柄について

周りからはよく、

・図々しい
・明るくて元気
・行動力がある

などと言われます。

自分で説明しても説得力に欠けると思うので、周りの友人たちからの口コミをまとめてみました。
詳細はこちらからご覧いただけます!

最後に

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
今後ともほなみんならびに当ブログ「可愛いは正義なり」をよろしくお願いいたします。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加